人気1位の婚活サイトは?⇒

真面目な婚活の比較メディア【婚活ランク.com】

おすすめの婚活サイト・マッチングアプリ

安心安全で人気のサイト(アプリ)のみを掲載しました!出会いの可能性を広げるため、複数箇所へ登録することが、成功への近道です。

一年以内で早く結婚したい人向け

おすすめの婚活サイト・マッチングアプリ

■メリット(利点)
・男女有料(登録は無料)のため、結婚本気度の高いユーザーが多い。
・入会時の本人確認チェックが厳しく、ユーザーの質が高い。


まずは恋愛から始めたいライト向け

まずは恋愛から始めたいライト向け

■メリット(利点)
・女性は完全無料で全ての機能を利用できる。
・ユーザー数が多く、写真掲載率が高い。


恋人ができない理由とは

彼氏(又は彼女)が欲しいけど、婚活や恋活に一歩を踏み出せず、毎日寂しい思いをしている方は多いのではないでしょうか?
周りの友人・知人は恋人がいるのに、なぜあなただけ恋人がいないのでしょうか?

もしかするとあなたは、今までモテたことがないとか、ルックスが悪いとか、体型が悪いとか、太っているとか、性格が奥手だからとか、色々な理由をつけて引っ込み思案になっていませんか?

実は日本全体で恋人がいない、結婚相手がいないという人が増えているため、恋人交際率や婚姻率(結婚率)が低下そして、晩婚化は政府の統計データを見ても明らかです。

晩婚化は政府の統計データ(国立社会保障・人口問題研究所2017年資料)

(図:7062183684)
つまり、社会全体で結婚が難しい時代になっているため、あなただけが恋人獲得に苦労している訳ではないようです。

そこで、あなたがどうしてもモテないのか、その外部環境を解き明かし、どういう方法で恋人や結婚相手を見つけていくのがベストなのか、具体的な方法について説明していきます。

年代別未婚率
上の図は、年齢別の未婚率を示した棒グラフ。
未婚率は年々増える傾向にある。

恋人がいない、結婚相手が見つからないと日々悩んでいるあなたの心の重荷を取り去り、将来に希望が持てる、ワクワク・ドキドキした日常を手に入れる情報をお教えしましょう。

恋人との出会い方20代〜30代

恋人との出会い方20代〜30代
出会い方Best5 女性 男性
①学生時代 46.2% 53.5%
②友人の紹介 40.0% 37.6%
③同じ職場 42.9% 33.8%
④ネット婚活 18.0% 15.9%
⑤合コン 17.3% 13.6%

「恋人との出会い方」というデータを見ると、学生時代のクラス・サークルが圧倒的に多く、若ければ若いほど出会いが豊富であり、異性と結びつく可能性が高い事を示しています。

また、社会人になってからは「同じ職場」での出会いが多く、女性では42%と多くを占めています。
出典:7148702933(第7回 結婚・出産に関する調査2013年)

さて、出会いが豊富な時期やタイミングで出会えなかった人は、今後、どのように異性と出会えるのでしょうか?

①学生時代クラスやサークルで出会いがなかった
↓
②友人・知人の紹介で出会いがなかった
↓
③職場で出会いがない

趣味のコミュニティーに参加したり、合コン、仕事上の取引先など、今後の可能性はあるとは思いますが、手っ取り早く取り出会えるのは「合コン」でしょう。

しかし、合コンにはメリットもありますが、デメリットもあります。

合コンのメリット・デメリット

合コンのメリット・デメリット
※合コンとは
男女が出会いを期待する、宴会(飲み会)を合同コンパ、略称「合コン」と呼びます。「コンパ」とは、親睦を深める会合・宴会のことです。

■合コンのメリット(良い点)

・男女ともに出会いを求めている
・飲食しながら楽しく会話で、お互いを知ることが出来る
・回数を重ねると、異性に萎縮しなくなり、見る目が肥える

■合コンのデメリット(悪い点)

・合コンに誘ってくれる人がいないと、参加できない
・人数合わせや付き合いで仕方なく、参加しているメンバーもあり
・合コン慣れ、遊び慣れた異性だと、真剣交際に発展しにくい

メリット・デメリットを簡単に書くと上記のようになります。しかし、そもそも対面でのコミュニケーションが苦手な方、飲み会ノリが苦手な方だと、合コン自体が精神的苦痛になるでしょう。

「飲み会ノリ」が好きな方は「合コン」が手っ取り早くて良いですが、合コンだけで恋活・婚活するのではなく、別の方法で保険をかけておく必要もあるでしょう。

趣味のコミュニティーや職場での恋愛を期待

趣味のコミュニティーや職場での恋愛を期待

合コン以外にも趣味やコミュニティー(料理教室、書道教室など)で異性と出会う事を想定すると、恋愛できる可能性が低いことが分かります。

例えば、あなたと相手のお互いが気に入り、お互いに独り身で交際することが可能で、あなたか相手が食事に誘う確率は、何%あるのか考えると、かなり低くなるであろうことは想像がつきます。

また、職場や趣味コミュニティーでの恋愛の場合、アプローチするタイミングやきっかけの難しさがあります。

例えば、相手が全くその気がないのに、優しく接してくれることをきっかけとして、好意を持ってくれていると勘違いし、食事に誘うなどの積極的アプローチをして、関係が気まずくなることです。

特に職場は日常的に接する利害関係者だからこそ、お互いの間が恋愛アプローチで気まずくなると、仕事や昇進にダメージを与えかねません。また、アプローチした事実を他社に言いふらされ、風評被害を被るリスクもあります。

なるほどさん
相手の優しさを「好意」と勘違いは、よくありそうです。。。

こられの「関係悪化」のリスクを考えると、気軽に異性にアプローチできず、ずるずると時間だけが経過してしまい、いつまでも恋人ができない事実だけを突きつけられます。

そこで、大いに役立つのが「婚活サービス」です。婚活サービスには、以下の様なものがあります。

・結婚相談所
・ネット婚活(婚活サイト・マッチングアプリ)
・婚活パーティー
・街コン・趣味コン

これらの恋活・婚活サービスでは、全くの他人なので、同一コミュニティー内の関係悪化リスクを考える必要がなく、割と気軽に異性へアプローチすることが可能なため、あなたも積極的になれる可能性が高いと言えるでしょう。


積極的になることができれば、すぐに恋人と出会えるチャンスは、豊富にあります。

受け身では恋愛できない、結婚できない時代に突入

受け身では恋愛できない、結婚できない時代に突入

(図:国立社会保障・人口研究所:第15回(2015年)出生動向基本調査)
統計データから作成した交際率の円グラフを思い出してみましょう。女性は待っていても恋愛できる傾向があるのですが、1992年に交際相手なしの割合が39%だったのが、2015年には59%と20ポイントも増えています。

男性においては、2015年の交際相手なし70%は、1992年比で33ポイントもアップしています。他にも婚姻率の低下、晩婚化など、恋人を獲得するのが難しくなっている傾向が良くわかります。

男性は社会習慣として、自ら積極的に女性へアプローチしないと獲得できないのは当然です。しかし、女性も待っていては男性を獲得出来ない時代、受け身では恋愛できない時代へ突入しています。それは、なぜでしょうか?また、どうすれば良いのでしょうか?

なぜかは、これから説明しますが、どうすればよいのかは、既に答えがわかっています。自ら積極的に行動し異性にアプローチする以外、恋人を作る方法は無いと言えるでしょう。

なるほどさん
待っていては恋愛するのが難しい時代なのですが、恵まれた手段も用意されています。

出会いの男女差は、経済力と大きく関係している

出会いの男女差は、経済力と大きく関係している

今までは男性が積極的に女性へアプローチして、女性は待っているだけでよかった。

そして、男性の方が女性よりも、経済力が高かった。なぜなら、男性は仕事へ投資する時間が多く(長く)かつ、会社も仕組み上、男性を優遇するように出来ていたからです。

男女差の給与を見ると、同じ仕事をしていても男性の方が責任が重い分給与が高く、女性は給料が低くなっていることが、当然とされていました。あるいは、まだそのような職場は存在するでしょう。

女性は結婚すれば退社し、出産・育児するため、どうしても労働時間を男性並みに長くして、会社人間になることが物理的にできないため、女性の存在を軽くみる傾向があったのかもしれません。

(会社べったり人間になることが、良いことだという意味ではありません)

しかし、これからは違います。
知的労働者が中心の社会となり、その専門化が進んでいるため、教育と学習能力の高低が、収入に大きく影響する様になったからです。

例えば、看護師や弁護士や投資家、会計士などが思い浮かぶでしょう。また、多くの人に役立つ情報をブログ記事として発信して収入を得るといった、情報がお金になる時代ですから、稼ぎ方が多様化しています。

そうすると多くの女性が男性と平等かそれ以上の経済力をもち、それゆえに家事・育児は男性と女性が平等に分配する価値観が当然となっていくからです。

既にその傾向が社会で見られ、女性が力強く、男性が草食化しているという現象があります。つまり、出会いという観点では、草食化している男性が増えていくため、女性は待っている、受け身になっていては、恋人ができない可能性が高くなります。

その為、男性も女性も「就職活動」と同様に積極的な「恋活」「婚活」を行わないと、恋愛できない、結婚できない時代になったと言えるのではないでしょうか。

恋活・婚活でどのような価値観の異性を見つけるのか?

恋活・婚活でどのような価値観の異性を見つけるのか?

価値観は人それぞれで、色々なタイプの人がいます。さらに、多くの場合は目に見えないため、その人が持っている価値観を知るためには、じっくりと本音のコミュニケーションを行う人が必須となります。

今だけ良ければ良いという精神的快楽を優先させるのか、将来を見通して安定姓を求めるのかによって、選ぶ人は変わるでしょう。単に見た目が良い、スタイルが良い、稼ぎが大きいといった目先のスペックに騙されず、しっかりと将来を見通して人選したいですね。

女性が男性を選ぶ際の価値観とは

女性が男性を選ぶ際の価値観とは

女性は男性に年収の多さを求めることが多いと言われていますが、その傾向が弱まっているように感じています。

なぜなら、専業主婦を希望する女性が少なくなり、共働きが当然の家庭を想定しているからです。専業主婦の場合のデメリットを、考えてみれば分かることです。

・収入を男性に依存する
女性自らが稼いでいないと、経済的に男性依存となり、離婚リスク(婚姻した34%が離婚)に対して、離婚後の自立生活が難しくなるでしょう。また、それゆえに、男性との関係に執着するようになります。

つまり、どんなにひどいDV男だったとしても、離婚後の自立生活の難しさを考えると、目の前の結婚生活にがまんを強いられます。

だからこそ、女性は出産・育児休暇はあったとしても、自分のせっかく積み上げてきた職歴・キャリアを維持する共働きを選択することが、大事なのではないでしょうか。

働き口があれば、万が一に離婚してもスグに自立生活できるため、男性との相性が悪くてがまんした生活を続ける必要がなく、別れる選択肢があります。もちろん、子供の有無によって難易度の高低はあると思いますが。

・社会とのつながりが少なくなる
職場という最大のコミュニティーから離れてしまうため、人と接する時間が限定的になります。人と接するのは、ストレスにもなりますが、癒やしややる気を引き出してくれる魔法でもあります。

なるほどさん
「ダイヤモンドを磨くのは、ダイヤモンド。人を磨くのは、人だけ。」なんて言葉もありますよね。(ウル覚え。。。)

専業主婦で家庭内に引きこもってしまうことで、「うつ状態」になるのではないか、などの自分自身の精神状態を不安に感じる方もいるようです。

※ここで言いたいことは、専業主婦と共働きのメリット・デメリットをしっかり知った上で、恋活・婚活を行うことが理想だと言うことです。
その考え方によって、どのような価値観の男性を見つけるのかが、変わってくるからです。

女性が選ぶべき男性像としては、男性側が共働きとその延長線上にある女性の離婚リスクともしっかりと向き合い、家庭や育児をきちんと分担してくれる、優しい男性が理想と言えそうです。

男性が女性を選ぶ際の価値観とは

男性が女性を選ぶ際の価値観とは

女性を選ぶ際、どうしても年齢、ルックス、スタイルという外見を優先させる傾向にあるのが、男性の特徴でしょう。男性は視覚情報を重要視しすぎる傾向があると言われるゆえんです。

では、男性は女性の価値観として、どのようなところを重視すればよいでしょうか?

私が考える優先順位とは、「清潔感」です。平たく言うと「お掃除好き・整理整頓好き」と言えます。身だしなみや、約束を守る、挨拶をするといった社会習慣は、その後の人生に大きく影響を与えるでしょう。

その中の1つが、お掃除好きという価値観です。女性の身だしなみや、部屋に行った際、きちんと隅々まで掃除が行き届いているのか、ということは、1つの判断材料となります。

お掃除好き、キレイ好きという価値観は、おそらく子供にも影響を与えますし、お金の使い方、人との接し方にも影響を与えます。つまり、人間的に正直・誠実で、きちんとした人というのは、キレイ好きなのではないでしょうか。

男女ともに、健康であることが最優先ですが、その次に優先度の高いうちの1つが、キレイ好きだと言えるでしょう。

なるほどさん
キレイ好きは男女を問わず、大事な資質ですよね!

異性のプロフスペックは婚活・恋活サービスに表示

異性のスペックは婚活・恋活サービスに存在

前章のような異性の価値観を知るには、ある程度プロフィールやスペックから推察することが可能です。そのスペックとは、年齢、住所はもちろん、趣味や仕事、年収などで、本音でコミュニケーションを重ねなくても、婚活・恋活サービスのプロフィールで知ることが出来ます。

合コンや友人知人の紹介だと、いきなり年収を聞くのははばかられますが、婚活サイトや結婚相談所であれば、まさにそれが出会うために重要な要素であるため、キチンとプロフィールへ記載されています。

さらに収入証明や独身証明まであるのですから、至れり尽くせりだといえるでしょう。

職場や合コン、友人紹介で、ピッタリと理想の人に出会う事ができれば良いですが、それとは別に、婚活・恋活サービスを利用して、日頃から理想の異性を探す活動をしっかりと重ねていくことが大事です。

では、それぞれの婚活・恋活サービスには、どのような特徴があるのでしょうか?

【図解・比較表】婚活・恋活サービスの比較

婚活・恋活サービスの比較
  結婚相談所 婚活サイト マッチングアプリ
利用の目的 結婚まで最短6ヶ月 結婚まで約1年 恋人を見つける恋愛活動
最大ユーザー数(※1) 活動数4.6万人 活動数33万人 累計数600万人
利用料金 約20万円〜30万円 月額3,000円〜4,000円 月額3,000円〜5,000円
利用方法 対面面談+専用サイト ウェブサイト スマホアプリ
アプローチ方法 お見合い申込み あいさつ、いいね いいね!

(※1)一番ユーザー数が多い、1社のみの数値を取り上げています。また、活動数(現在利用ユーザー)と累計数(退会ユーザー、非活動ユーザーも含む)と項目により表示が違います。
ここでは、人気の婚活・恋活サービスの御三家である「結婚相談所・婚活サイト・マッチングアプリ」について、比較ができるように簡単な説明をしています。

それぞれの同カテゴリの比較については、各比較ページをご参照下さい。

婚活・恋活サービスのリスク

①結婚相談所

①結婚相談所

結婚への最短距離が結婚相談所になるのです。
結婚相談所へ入会する人は、以下の2つの難関を乗り越えてきているので、結婚に対する本気度が本物だということが分かります。

・各種公的証明書を最低4つは提出している
・高額な利用料を支払う能力がある

そのため、お互いにマッチングさえすれば、ものすごいスピードで成婚退会まで進み、後がお互いが結婚の段取りを行うだけという事になります。

結婚相談所によって仕組みが多少違いますが、紹介または独自サイトであなたがやるべき行動は、やってきた相手のプロフィールに対して「イエス」「ノー」どちらがを答えるだけです。

まずはメッセージで会話してみる、という事はできません。プロフィール又は紹介書をみて、返事をするのみです。もし、イエスの返事をすれば、1週間以内に「お見合い」が設定され、即日又は翌日までに「交際」の可否を決める必要があります。

このように、結婚相談所は最初からルール作りがしっかりしているため、どんどん物事が進むため、とても効率的でスピーディーです。

■メリット
・結婚への近道
・仲介人が一緒に相手探しをしてくれる
・仲介人がアドバイスしてくれる
・相談所へ登録する時点でかなりの本気度

■デメリット
・料金が高額
・必ずしも結婚相手に結びつかないケースもある
・成婚料が必要(不要な会社もあり)

なるほどさん
入会できる予算があれば、どんどん結婚相談所を利用するのが良いですね。

②婚活サイト

②婚活サイト

だいたい1年を目安に結婚相手と出会いたい場合は、婚活サイトを利用する方が多くなります。スマホが有ればすぐに婚活できるため、利便性が高いことが特徴です。

私のように結婚相談所と婚活サイトを併用する場合も、多々あるようです。結婚相談所では会員数が限られているため、マッチングが難しい場合があります。特に地方に行くほど、登録している会員数が少なくなるのは仕方がありません。

しかし、婚活サイトの場合は、結婚相談所4万人に対して、30万人の会員数があるため、条件が狭い場合でも、マッチングする可能性があります。

■メリット
・匿名性が高く、恋愛経験がない方でも積極的になりやすい
・月額料金が3,000円程度と安価
・スキマ時間にいつでも婚活可能
・会員数が多く、次々と相手候補にアプローチ可能

■デメリット
・ネットの匿名性が、不安要因
・情報流出すると、金銭的な損害も
・異性の知人に身バレするリスク

③マッチングアプリ

③マッチングアプリ

マッチングアプリの場合は、とにかく恋愛がメインのため若い20代前半がメインユーザーです。マッチングアプリのユーザー数は、日本最大級の例をみると、婚活サイト30万人に対して、200万人を超えているという規模のため、圧倒的なユーザー数でどの年代でもマッチング率が高いと言えます。

やはりユーザー数が多いことは、何事もにも代えがたい、一番大きな優位性となります。アプリに登録しても、ユーザー数が少なければ、マッチング率が悪いため、誰も使わなくなってしまいます。

マッチングアプリはユーザー数が膨大なため、そのメリットを存分に享受できる出会いの環境だと考えれば、利用しないともったいないと言えるでしょう。

■メリット
・facebook連携で短時間で登録可能
・月額固定料金で、退会も簡単
・会員数が最大累計600万人と多い
・スマホアプリで気軽にスタートできる

■デメリット
・簡単に登録可能なため、意識が低い会員も混在
・業者や詐欺が紛れ込んでいる可能性もある

婚活パーティー

婚活パーティー

パーティー系は割りとポピュラーで参加し易いのが特徴ですが、都市での参加人数が多く、地方では少ないため、地方の方はネット婚活と比較してメリットが薄いと言えそうです。

婚活パーティーという名称ですが、今では4つのカテゴリで婚活を行うのが主流です。
・パーティー(例:広い室内で飲食)
・イベント(例:お料理やワイン教室など)
・合コン(例:アルコールで楽しく飲む)
・街コン(例:バス旅でお出かけ)

上記のカテゴリに対して、それぞれ、以下のテーマを組み合わせてパーティーやイベントを企画し、参加者募集をしています。
・年齢(例:20代後半のみ参加など)
・趣味(例:スポーツ系、アニメ系、バーベキュー、映画系など)
・職業(例:同じ職業で他社の人と知り合う)

■メリット
・参加すれば、すぐに異性と会話ができる環境がある
・飲食しながら、気軽に参加できる
・趣味などは、同じ価値観の異性に出会える可能性大

■デメリット
・参加人数が限定的で、カップル率は低い
・コミュニケーション能力が必須
・ルックスが良くないと、投票されない
・進行の段取りが決まっており、自由にできない

婚活サービスの違いを比較

婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーは、婚活御三家ですが、明確な違いが分からない方も多く、それぞれのメリット・デメリットをまとめたページを用意しました。

婚活サイト各社の年齢層を徹底調査(2017年3月)

5062322569

婚活サイト毎の会員年齢の詳細を、調査してグラフ化しています。上図は女性のみとなっていますが、詳細ページには男性会員の年齢層もグラフ化しています。
20代、30代、40代と年齢による婚活方法も記載していますので、サイト別の傾向を把握するのに重要な情報となっています。
・詳しくは5153288332ページをご覧下さい。

30代女性必見!最短結婚ナビゲーター「鎌田れい」さん執筆

30代女性必見!最短結婚ナビゲーター「鎌田れい」執筆

あの東洋経済オンラインにて、120万ページビューを獲得し、連載中の「最短結婚ナビゲーター・仲人・ライター」の鎌田れいさんに、30代女性の結婚について執筆して頂きました。
・結婚を難しくする「3タイプの30代女性」を徹底解説

職業・年収別の婚活

職業・年収別の婚活

医師、公務員、年収1,000万円以上などハイクラスの婚活を狙うには、どのような方法があるのでしょうか?



結婚できた!生の声:婚活サイト体験談(女性・男性)

5392920201

婚活サイトを利用して、実際に結婚出来たという生々しい体験談を掲載しています。最多の掛け持ち婚活では、10社の婚活サービスを利用し、大苦戦の末にようやく結婚出来たという、結婚への執念が涙ぐましいケースもあります。どのケースがあなたに似通っているのか、ぜひ参考にして下さい。


婚活体験談は、コチラのページに30件以上の投稿がありますので、体験者の生の声をぜひ読んでみて下さい。

婚活にまつわるお金の問題

婚活にまつわるお金の問題

婚活する際、女性は男性の年収をはじめ、お金にまつわる情報に対して敏感になります。世の中お金が全てではありませんが、お金で解決できる問題は非常に多くあり、将来の生活レベルが左右されるため、お金に敏感になるのは当然のことといえます。

例えば、結婚資金や、出産費用、自分たちの生活費、旅行や外食などの娯楽費、現実的な問題として多額の子供の教育費、万が一の医療費など心配すればきりがなく、保有するお金は多ければ多いほど「不安は最小限」に抑える事ができ、日常生活は快適になります。

そんな婚活のお金に関する問題やトラブルについて、詳細ページをご用意しました。


日常出会いがないから、「ネット婚活」で異性と接する

日常出会いがないから、「ネット婚活」で異性と接する

「周囲はどんどん結婚していくのに、私だけ置いていかれる」という感覚で不安になる事はありませんか?

知っていただきたいのは異性のパートナーがいる人は、「婚活」していたから、独りではないというのは事実です。婚活と言っても、婚活サービス(結婚相談所や婚活サイトなど)を利用することだけが婚活ではありません。

その際、常に異性を見る目は、「結婚できる可能性があるのか?」と言う観点から接し、チャンスがあれば積極的にアプローチする。これも婚活ではないでしょうか?

と言っても、容姿の良し悪しはさて置き、何かを学習してスキルを身につける必要がある訳ではなく、ぶっちゃけ簡単な行動力(異性にアプローチ)があればOKです。

たぶん行動力の足りないあなたは、異性にアプローチする勇気がない。積極的に異性に声をかけ、仲良くなり、食事に誘う勇気が出ない。だから、待っているだけの恋愛になり、「待ち人来ず」という状況に甘んじているだけです。

でも、もう大丈夫です。婚活サイトへ登録すれば即時、異性へアプローチ出来るからです。リアルな世界で異性を誘う勇気がなくても、婚活サイトに無料登録するのに勇気は不要。
このサイトで紹介している安全な婚活サイト内には「恋愛したい」「結婚したい」異性の会員が、数万人登録しています。あなたも「必ず出会える」から安心してください。


まじめな婚活サイトで、6ヶ月以内に80%がカップルに!

あなたの友人・知人や職場を見回すと、ステキな異性のパートナー(彼氏・彼女)がいるのに、なぜ私だけ一人なのだろう?
と不満に思っていませんか?
もしかして、これからもずっと一人なのかも?っと、不安を感じていませんか?

でも、6ヶ月後にはそんな不安や劣等感を、忘れてしまっているでしょう。
なぜなら、今日から本格的に婚活をスタートするからです。日本最大級の婚活サイトでは、会員登録後、6ヶ月間で80%ものカップルが成立しているので、あなたもステキな異性に出会えるでしょう。


8594958076

(306) 662-10812677941266417-632-6776(270) 634-0431